ヘナのブレンド実験③

北鎌倉 rainbowbird:ブログ

ヘナのブレンド実験③

Date:2016-09-30

こんにちは。

インディアンチャンピサージ(インド式ヘッドケア)の

日本校認定講師、みなみですにこちゃん

 

お待ちかねの色見本。

先ずは、30分経過の後、
各お皿から1束ずつ取り出して洗ってみると

このような仕上がりになりました。

そしてもう一束をさらに30分寝かせて

60分経過の後洗ってみると、

ヘナの分量が多いものに変化は

あまり感じないものの、

ソフトブラックを使用したものは

少し濃く入っているのが見て取れます。

ちなみに藍染に使うナンバイアイ葉が主体の
ソフトブラックを付箋では、

『ソ・ブ』と略しています。

 

これを使った毛束の洗った直後は、
とてもブラックと名が付くような

色味は出ず、逆に少々薄く感じると思います。

 

それは、空気中の酸素と触れることによって

徐々に青みを発し、48時間で色味が落ち着く

と言われているのが特徴なので、

深めの色に落ち着くまでに少々時間がかかるのです。

それを分かりやすく

写真で比較してみたのがこちらです。

 

向かって左が初日。

右が24時間経過したもの。

明らかに色の深みが違いますよね。

 

また、一番下層の単体染めを外して

ブレンドのみで

24時間と48時間経過したものを

比較してみた写真がこちらです。

この後は、向かって右の48時間から

色味の変化は無いので

やはりこの時間が目安となるようです。

このように実験してみると、

今までの経験と知識が

目の前で一つに重なりました。
視覚的に感じることもとても大切ですね。

 

スクール(ヘナ)のページにも

掲載させて頂いていますが、

次回、どれを使ったのか、
そして改めてブレンドによる色見本を

お伝えさせて頂きたいと思います

 

本日もお読み下さり

ありがとうございます

 

④へ続く

 

森の隠れ家サロンrainbowbird
みなみにこちゃん

 

RESERVA予約システムから予約する

--- カテゴリ別アーカイブ

---- 月別アーカイブ ----