質の良い眠りにタッチケア

北鎌倉 rainbowbird:ブログ

質の良い眠りにタッチケア

Date:2017-07-21

こんにちは。

世界にヘッドマッサージという言葉を広めた

インディアンチャンピサージ

(インド式ヘッドケア)スクール

LCICI JAPAN神奈川県認定講師 みなみですにこちゃん

 

熱帯夜で寝苦しい夜が続いていますね。
皆さま、体調はいかがでしょうか。

以前から「睡眠の質」について

悩みを抱えられている方々にも

興味を持たれるヘッドケアでしたが、

熟睡型の方もこの猛暑で疲れが取れず、

朝起きても身体のだるさが抜けない…

といったお声も多く聞くようになりました。


そこで、改めて睡眠について

調べてみようと思い、
図書館で数冊借りてきました。

どの本にも共通するのが

①サーカディアンリズム(体内時計)

 朝、太陽の光を浴びて夜は暗い環境で過ごすことにより

 就寝時に睡眠ホルモンメラトニンを出せるリズムにする。

 

②睡眠時間

 脳を休めるための深い眠りのノンレム睡眠と

 身体を休めるためのレム睡眠の90分周期での睡眠を取る。

 

③ブルーライトの影響

 意識が覚醒してしまいメラトニンの分泌量が抑えられてしまって

 寝つきが悪くなる。

 サーカディアンリズが狂い、代謝や食欲が増す時間がずれることにより

 肥満や糖尿病などを誘発することにも繋がる。

 

などについて書かれていることが多く、

脳を休めてあげる大切さが読み進める度に

落とし込まれていきました。

 

そして、やはりキーワードは「メラトニン」ですね。

 

質の良い睡眠に欠かせないメラトニン分泌には

幸せホルモンと言われているセロトニンから作られ、

そのセロトニンが作られるためには

①太陽の光

②リズム運動

③人との触れ合い(タッチや会話)

が必要であり、

それを促すのが愛情ホルモンであるオキシトシン。

 

またオキシトシンは、

①免疫力向上

②血圧への作用

③ストレス軽減

など様々な有用性が確認されているとも書かれていました。

 

チャンピサージやヘッドタッチケアは、
まさにそれらに対応するもの

・リズム運動(リズムケア)

・触れ合いによるオキシトシン&セロトニン分泌

・血流への作用(実際に研究され学会で発表)

・メラトニン分泌により質の良い眠り

これらを受けた方々が実際に体感されています。

 

現代社会は、PCやスマホありきなので

生活からそれを切り離すのはとても困難。

そんな時はケアを受けられたり
身近な人に触れてあげる手技をお持ちですと
自分の手があるだけで

大切な方の健康維持に役立てるという

幸せのサイクルを築けます。

 

本格的なヘッドケアであるチャンピサージは、

優しいタッチでありながらしっかりと

筋肉や血流などの流れに働きかけるもの。

 

そして触れ合いを大切にするヘッドタッチケアは、
ふんわりとしたリラックス感を得られながら
チャンピサージと同様全身がポカポカするもの。

 

そのどちらもが安全性と有用性を確認されています。

 

脳の疲れと触れるケア

質の良い眠りと快適な日々の生活の為に

大切なツールをこれからも皆さまに

お届けしてゆきたいと思いますかお*m

 

本日もお読みいただき

ありがとうございます。

 

【現在のお勧め情報】

毎月7、17、27日

オーラソーマ&チャンピサージの

お得なセットメニューの日

詳細は、こちらから→クリック

 

JR北鎌倉駅西口より徒歩2分

神奈川県鎌倉市山ノ内961ー1B

北鎌倉森の隠れ家サロン rainbowbird

みなみにこちゃん 

RESERVA予約システムから予約する

当日予約をご希望の際は、

 090-3960-9764までご連絡頂き

 空き状況をご確認下さいませ。

--- カテゴリ別アーカイブ

---- 月別アーカイブ ----